学校法人盈進学園 盈進中学高等学校

ホーム盈進教育サポートプログラム

サポートプログラム

自学自習の姿勢を身につける

授業を補強し、学習内容の定着を図る、講座・教材・ICT機器を用意しています。このサポートプログラムの利用を通じて、生徒達の自ら学ぶ習慣を身につけていきます。

発展的な学び、人生の基礎作り

  • SF講座(土曜SF講座)

    SF講座(土曜SF講座)

    放課後と土曜の時間を活用して、学びを深めるための講座です。授業内容の復習から大学受験の対策まで、生徒の目標進路を実現できるように強力にバックアップします。

  • 『書く』取り組み/NIE

    『書く』取り組み/NIE

    教科の枠をこえて授業に新聞を活用することで、生徒の読解力・思考力・表現力を育みます。

  • 土曜講座

    土曜講座

    現在、盈進の卒業生は28,000余名。実社会のトップで活躍する "EISHIN OB・OG"の支援をまじえて展開します。経済 ・ スポーツ ・ 芸術 ・ 政治 ・ 教育などの分野で活躍している "プロ" に出会い、「平和・ひと・環境」を、そして「生きる意味」を考えます。

定期試験を次の学習へ活かすプログラム

  • 学習の手引き~さらなる学習の指針~

    学習の手引き
    ~さらなる学習の指針~

    放課後と土曜の時間を活用して、学びを深めるための講座です。授業内容の復習から大学受験の対策まで、生徒の目標進路を実現できるように強力にバックアップします。

  • 全教科答案一斉返却(原則)

    全教科答案一斉返却(原則)

    試験終了後に答案を一斉返却すると同時に、『学習の手引き』を用いて学習指導を行うことによって、生徒自身の弱点や欠点を速やかに判断することができます。試験の結果をふまえ、家庭でも日々の生活リズムや、学習習慣などについて話し合うきっかけを提供します。

  • 教科オリエンテーション定期的な面談(年5回以上)

    教科オリエンテーション
    定期的な面談(年5回以上)

    教科オリエンテーションで学習の仕方を指導します。また、定期試験後には、個人面談を実施し、学習面のつまずきをいち早くチェック。不安や悩みを取り除き、学習目標を明確にします。

  • 生活学習状況保護者説明会

    生活学習状況保護者説明会

    年に2回、学外模試を用いた学力状況、学外・学内アンケートによる生活面での生徒現況(学習時間・生活リズム・進路意識等)を伝える機会を設けています。家庭と学校とが緊密に連携しながら、生徒の学習環境づくりを行います。

自学自習をもっと効果的にする取り組み

  • E-note(中学)生活の記録(高等学校)

    E-note(中学)
    生活の記録(高等学校)

    基本的な生活習慣を身に付けるため毎日の生活を記録し、担任が毎日点検します。

  • 基礎基本の徹底

    基礎基本の徹底

    家庭学習(予習・復習)の習慣をつけて自己教育力を育成します。宿題を最後までやりきらせる指導をしています。

  • 静かに学習に取り組める学習室

    静かに学習に取り組める
    学習室

    机はコの字型に仕切られており、試験週間や受験前の追い込みの際など、集中力を高めて学習をしたいときに効果的に活用できます。室内は、私語・飲食厳禁。座席数は52席。朝・昼休憩・放課後等、中高生共に自由に利用できます。

  • プリント実習

    プリント実習

    校内に常時取り出しできるプリントケースを設置し、独自教材による添削指導を行います。

授業の理解度・思考力を高めるICT機器

  • 電子黒板

    電子黒板

    画像や動画を表示できる電子黒板を用いて、分かりやすく楽しい授業をつくります。

  • グラフ関数電卓

    グラフ関数電卓

    グラフ関数電卓を用いて数学の授業を、生徒が自ら考え、発見し、発表するものに変えます。

盈進教育

TOP