学校法人盈進学園 盈進中学高等学校

ホーム盈進教育教科理科

理科

理科

好奇心を育て科学的思考力を身につける

実験観察などの体験型の授業を重視しながら教科指導を行います。まず、自然科学への興味関心を育て、最終的には仮説や理論などの科学的思考力を身につけていきます。中高一貫教育の利点を生かした盈進理科オリジナルのシラバスをもとに、さまざま教材を利用して授業を展開。従来の自然科学が追究してきた高度な文明を支える科学技術(ハードパス理論)の基礎や歴史を学ぶと同時に、最近の自然科学の中で次第に重視されてきた、限りある地球・自然の多様性・生命の尊さに価値観を置く『ソフトパス理論※』をふまえた理科教育を行います。

特徴ある学びづくり

体験型授業の充実

沖縄学習旅行において、理科の授業と連動・連携することで学習を深めます。沖縄の自然や固有種との触れ合い、歴史との相関など、自然科学的な観点に立ち、生徒主体の体験学習を目指しています。

6年間を見通した授業展開

一貫教育の特性を生かし、6年間の学習内容を見通した上で、生徒にとってより理解しやすい並びでシラバスを作成しています。そのため、中学校の授業の中でも高校の学習範囲を取り扱っています。

研究機器の充実

中学・高校ともに、顕微鏡は1人1台準備しており、観察などを十分に行えるようにしています。さらに、高校理科室にはAV(視聴覚)機器も充実し、さまざまな授業展開に対応できるシステムになっています。

6年間で学ぶ理科

中学テーマ
かけがえのない宇宙・地球・生命。
ゆるがせにできない原理・原則。
好奇心とやさしさが育っていく。
高校テーマ
花鳥風月森羅万象にふれ、その結実たる理(ことわり)に至る。

1・2年生

観察・実験などの体験型の授業を重視し、自然科学への興味・関心を広く探っていきます。

3年生・4年生

仮説や理論などの科学的思考力を求める授業を重視し、自らの適性を探り、進路の方向性を究めていきます。

5・6年生

自らの進路を確実に拓いていく力を形成していきます。

地域に根ざした環境教育の実践

環境科学研究部の活動と連携し「地域に根ざした環境教育」を実践しています。盈進の環境科学研究部では、21年前から山陽地方の3河川(広島県では芦田川だけ)にしか生息していない絶滅危惧種スイゲンゼニタナゴの保護活動を継続し、さまざまな環境保全活動を実施。研究部が行った芦田川水質水生生物調査、千塚池の絶滅危惧種オニバスの観察と水質調査、「瀬戸内海援隊」としての水質調査や海岸指標生物調査などのデータをもとに、発展学習として備後地方の生態系をテーマとした教材を作成します。地域の生態系の中で多様性を大切にすることや、絶滅しかけている生物だけでなく、生命の尊さ・美しさを伝え続けていくことで、「仲間づくり」や「仲間の多様性」を大切にすることを学びます。

(*1)ソフトパス理論
1977年、米国の物理学者エイモリー・ロビンズが発表した環境にやさしいエネルギー需給システムの構築を目指すという社会経済の価値観の変換 を求めるという新エネルギー理論は、世界中で大きな反響を呼び、以降の再生エネルギーの開発と省エネルギーの推進への背景となりました。 その理論を、理科教育に導入したものが「ソフトパス理論」です。大量のエネルギーと資源を消費し生産を上げる、 そして進歩・発展こそが人類の未来につながるといった進歩のための科学教育(ハードパス)ではなく、 資源の枯渇・エネルギーの危機を全地球の問題と考え、人間の叡智で対処しつつ、 生活する人々・環境のための科学教育こそが「ソフトパス理論」なのです。

盈進教育

TOP