学校法人盈進学園 盈進中学高等学校

ホームトピックス新型コロナウイルス感染拡大防止について

新型コロナウイルス感染拡大防止について

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する当学園からの情報を随時掲載していきます。

各学年に関すること

全体に関すること

2020年5月29日(金) 生徒のみなさんへ - Slow is Beautiful

盈進中学高等学校 校長 延 和聰

長い休校。そのなかでの「自粛生活」(巣ごもり生活)でした。本当にみんな、よく耐えました。
6月1日(月)からいよいよ、「通常」の生活に戻る本格的な準備に入ります。このウイルスは「3密」を好みますから、これまでどおり、自分と他者の命と健康を守るために、「3密」を避ける、検温する、体調不良の時は登校しない、マスク着用、手洗い励行、不要不急の外出はしない等々、感染防止に努めてください。
新しい生活スタイルのスタートです。トイレや食堂の利用についても今後、担任の先生から「密」を防ぐ取り組みが説明されます。慣れずに「面倒くさい」ことがあるでしょう。「第2波、第3波」の覚悟も必要です。ただ、それを食い止めるのも、私たちひとりひとりの社会の一員としての責任ある自覚と行動にかかっています。

スポーツの全国大会や芸術文化の大会や行事がことごとく目の前から消えていきました。青春をかけて心技体を鍛え、先輩たちから引き継いできた夢や目標を果たすことができなくなった君たち。特に6年生の落胆や無念の心中を察すれば、かけることばもないほど胸が痛みます。私も「甲子園」をめざしていた高校球児だったので、それが予測されていたとはいえ、「中止」の文字を見たとき、やはり、涙がにじみ出ました。いますぐに、代わりの目標を立て、それに向かって歩み出すことは、なかなか難しいという人もいるでしょう。それでいいです。でも、新たな目標をさがすこともまた、長い目で見れば、必ず貴重な経験になると思います。
私たちがいま、経験していることが必ずどこかで生きてくる、と私は思います。だから、焦らず、徐々に生活リズムと学習意欲を取り戻し、仲間と共に、目標に向かって、確実に歩んでいきましょう。

最近、こんな新聞記事に目がとまりました。アジア屈指のビーチリゾートとして知られるタイのプーケット。通常、世界中から年間1000万人の観光客が訪れるそうです。でも、コロナの影響で町がロックダウン(都市封鎖)。砂浜に、ある現象が起きました。現生するカメの仲間としては最大級のオサガメの巣穴が、この20年のうちで最も多く確認できたのです。観光客がいなくなった結果、砂浜がカメたちに暮らしやすい環境になったということです。絶滅が危ぶまれるだけに、保護団体の人々はよろこんでいるそうです。(『日本経済新聞』2020年5月9日)

コロナ禍は瞬く間に地球を襲い、いまもまだ、尊い命を奪い続けています。それは、ウイルスが人に宿り、人が地球規模(グローバル)で「速く」移動し、人から人に感染を広げたからです。私はこの現象を、始業式と入学式で、「国境を越えたグローバルな現代自体が引き起こした矛盾」と表現しました。
高速鉄道や高速旅客機(飛行機)は速さ(fast)が「売り」です。私たちは、スピードと効率を高額なお金で買っているのです。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんがジェット機の利用を拒否し、ヨットを使って移動したことは世界のニュースになりました。「速い」ジェット機が、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素を多く排出するからです。
コロナ禍は、「速い」ことが、私たち人間にとって本当の幸せなのかという問いを突きつけました。

『Slow is Beautiful』(辻信一著)という本があります。直訳すると「遅いことが美しい」。20年ほど前に出版され、私はすぐに購入して読みました。
ハンバーガーなど、すぐ食べられる手軽な食品や食事のことを「fast food」と言います。そんなことばと生活が流行ったときに出版された本です。あまりにも急いで生きている現代人。「急ぎすぎて大切なものを見失っていないか。もっとみんな、slowで行こうぜ」というライフスタイルの提案でした。この本はすでに、価値としての速さが地球規模で人類の生存を脅かす、と警鐘を鳴らしていました。

週明けの6月1日から、久しぶりに仲間といっしょに一日たっぷり生活します。自分が発することばや自分の態度が仲間を傷つけていないか。いやな思いをしている仲間をひとりぼっちにさせていないか。少し、立ち止まり、時間をslowにして、仲間を気遣い、まわりを見渡せる人でありたいと思います。
通常の登下校も久しぶりです。絶対に交通事故に遭わないでください。急がず、slowで!交通安全!
盈進のかけがえのないみなさんが元気に毎日、学校に来ることがなによりうれしいことなのですから。

2020年5月25日(月) 「学校再開(6月1日~)」とその準備に関するお願い

盈進中学高等学校 校長 延 和聰

冠省 明日5月26日(火)より、学習意欲を喚起しながら、徐々に規則正しい生活を取り戻すために、全学年の分散登校を実施いたします。それに関しまして、生徒の命と健康を第一に考え、以下をご家庭でも再度ご確認いただきますよう、お願い申し上げます。

なお、休校によって実施できなかった授業や行事の代替や組み替え等について、ご心配のことと存じます。今後の政府方針、社会動向等を注視しながら、生徒たちにとって最も望ましい選択をするように準備をすすめておりますので、もうしばらくお待ちください。 草々

ご家庭で注意、徹底していただくこと
  1. 毎朝、検温を行ってください。
  2. 発熱、咳や鼻水、のどの痛み、頭痛などの症状がある場合は、登校を控え、担任に連絡してください。
  3. 次の場合も、登校を控え、担任に連絡してください。
    • 同居している家族が、直近2週間に新型コロナウイルス感染した
    • 同居している家族が、感染者と接触があった
  4. 寮生は、別に連絡している寮生のルールにしたがってください。
  5. こまめな水分補給が大切です。飲料水は自分で用意してください。
  6. 家を出るときから家に帰るまで、必ずマスクを着用してください。
  7. 交通事故などに遭わないよう、十分に注意して登下校してください。
  8. 公共交通機関では、マスクの着用はもちろん、会話を控えるようにしてください。
学校における感染症対策
  • 新校舎の教室(高校生、1年生)は、公立学校の約1.3倍の広さがあり、「密」を避けるのに有効です。
  • 中学校舎(2,3年生)はベランダもあり、換気に有効です。
  1. 手洗いうがいの励行(登校時、食事前、トイレ使用時、体育の授業後 等)
    (消毒はトイレ近くなど校舎内に多く、設置しています)
  2. 可能な限りの換気(気候によって空調も利用)
  3. トイレ内が「密」にならないように距離をとって出入りする。
  4. 昼食は対面でとらない。食堂も同じ(新校舎1階オープンスペースを活用)。
  5. 授業での配慮(当面)
    • 体育は、雨の日以外は、運動場で実施する。
    • 体育の女子更衣は、時間を区切るなどして更衣室を使用する。
    • 音楽は、歌は歌わず、楽器も使用しない。
    • 家庭科の調理実習は、行わない。
    • グループワークや討論などは行わない。
    • 共用するもの、手すりや教室の手すり等は、可能な限り、除菌する。
クラブ活動
  1. 基本的には当面、「自主参加」とする。
  2. 活動時間は心身に無理がないように短くする(当面、土日は2~3時間程度)
  3. 各クラブ顧問が「3密」を避ける指示を出す。それにしたがって活動する。
    • 部室を時間差で使用
    • 手洗いうがいの励行
  4. 他校との練習試合や合同練習は当面、行わない。

2020年5月21日(木) 「学校再開(6月1日~)」とその準備(お知らせ)

盈進中学高等学校 校長 延 和聰

見出しの件、新型コロナウイルス感染拡大防止等に関する最近の政府や県、社会状況に鑑み、「3密」を避ける対策を講じ、6年生はすでに、生活と学習の習慣を整えるため、18日から分散登校しながら授業形式の学習活動をはじめました。 例年であれば、新緑のもと、仲間と共に学習や運動会などの行事、クラブ活動など、活発に学校生活を送っているはずでした。生徒たちの心身の疲れは大きいと思います。学習に対する不安も増すばかりでしょう。保護者のみなさまも同じだと思います。 本校は私学であり、新型ウイルス問題に関しても、国や県等からの指示や指導は基本的にはありません。とはいえ、学校という社会的な責任の中で、その時々の社会状況等をできるだけ正確に把握しながら協議し、常に「かけがえのない生徒たちにとってのベストな選択」を、独自に判断しています。したがって、行動の責任は本校自らが負う以外にありません。「本校」とは、私たち盈進の教職員であり、生徒たちです。つまり、行動は、私学盈進に集うひとりひとりの自覚と責任にかかっています。その認識のもと、本校の取り組みに対しまして、改めてご理解とご協力をお願いいたします。誰も経験したことがないこの状況を、生徒や保護者のみなさまといっしょに、心をひとつにして乗り越えたいと切に願っております。  生徒のみなさんは、命と健康を第一にしながら、可能な限り登校して、日常の生活と学習習慣を整えてほしいと思います。交通事故などがないように気をつけて登校して下さい。草々

1、学校再開:6月1日(月)から通常の学校生活を再開する予定

その前後、全学年において、以下のように登校します。まず、生徒たちの心身のストレスを解消し、徐々に生活リズムを整え、学習意欲を喚起することに重点を置きます。互いに気遣い、支え合い、規則正しい生活を取り戻したいと考えております。

2、準備:5月26(火)~29日(金) *スクールバスは運行しません。
  • 1~5年生は、各学級を午前と午後に分けた分散登校。午前午後ともそれぞれ3時間授業
    (原則、1クラス20人程度で、換気しながら学習します)
  • 6年生は、これまでどおりA、Bグループでの分散登校。6時間授業(SF講座はなし)
  • 自主登校です。登校できなくても欠席にはなりません。(欠席連絡を入れてください)
  • クラブ活動や学校開放については、各学年から連絡します
  • 寮生は別に連絡します
3、再開後:6月1日(月)~5日(金) *スクールバスは運行します。食堂は通常営業です。
  • 通常8:45始業(1限40分短縮授業の7時間)
  • 6月8日(月)から、通常のタイムテーブルで生活する予定です

※登下校に関する注意事項、登下校時間、授業の時間割り、学習内容、食堂利用、学校開放、クラブ活動に関すること等、詳細に関しては、各学年から「Classi」や「ロイロノート」や「ホームページ」などでお知らせいたします。

2020年5月13日(水)

5月11日(3・6年)、12日(1・5年)、13日(2・4年)の分散登校日に、校長から発信されたメッセージです。
ここには、5月11日(月)分を掲載します。

生徒のみなさんへ 「弱い心」を自覚し、自分で歩み出す自分でありたい

盈進中学高等学校 校長 延 和聰

今日は11日。いつもの朝なら、「忘れない。今日で東日本大震災から9年2ヶ月。被災地や被災者のみなさんに思いを寄せましょう」という声が聞こえたでしょう。2011年11月11日から先輩から後輩へリレーされ、毎月続いてきたこの声も2020年3月11日に途切れ、今日も聞こえませんでした。

6年生、とても不安だと思う。3年生、規則正しく生活していますか。
1日、「休校延長」をみなさんに伝えた日に、私は「『弱い立場』にある人への『共感する力』をもとう」と伝えました。そして、このウイルスは、人とのつながりを分断し、『共感する力』『信じる力』という、人がもつ根源的な力を、私たちから奪おうとしているんじゃないかと、私は感じている」と書きました。
実は、あのメッセージの「共感する力」「信じる力」には、科学的な根拠があるんです。

2018年6月、本校の「ホンモノ講座」にお招きした京都大学霊長類研究所所長の湯本貴和先生から、私は、こんなことを教わりました。「ゴリラやチンパンジーの研究は、彼らにはなくて、ヒトにあるものを探しあてる研究でもあるんです」。反転の学問です。
私は小中高と野球をやっていたので、湯本先生と野球の話で盛り上がっていました。するとその途中、湯本先生が、「そう!それが、ヒト(人)がもっている大切な力なんです!」と教えてくださいました。
それはこんな話でした。「塁上のランナーは親友だ。あいつのお父さんは病気で亡くなり、お母さんと苦労してきた。よし!あいつのために、俺が絶対にヒットを打ってホームに返すんだ!なんて思って、バッターボックスに立つと、本当に不思議な力がわいてくるんですよ。そして本当に、そうなったことがあったんですよ」。湯本先生は、それが、「共感する力」「信じる力」であり、人が文明を創り、進化してきた力だと教えてくだいました。その力があって、人は、ことばや文字を獲得し、絵画や音楽などの芸術を生み出し、また、それらをとおして人の環を広げました。それらはすべて、人が人として存在する証明としての文化なのです。湯本先生のご講演の演題は、「ヒトとしての力を信じて生きる」でした。

悲しいかな人は、実は、「差別する生きもの」で、私たち人の心には、「人を差別する」という「弱い心」がある、と私は思っています。人を差別して自分を優位に立たせたり、自分の不満や恐怖を人のせい(責任)にしたりすることによって、できるだけ、自分だけは、傷つかず、安全でいられるようにしたいと思っているんだと、私は思います。
でも、人は、その対極に、自分の心にある「差別する弱い心」を自覚し、それにとうとする「理性的な心」ももっています。それを身につけるために学習するのです。私はいま、このウイルスに「あなたはどっちの心で生きるの?」と試されているような気がしています。

いま、私は、会いたくても会えない人に少しずつ、(集配してくださる方に心から感謝して)はがきや手紙を書いています。「会いたいです。会えないのがつらいです。会えるようになったら真っ先に会いに行きます。だから必ず、それまで元気でいてください」と、飾らず、率直な気持ちを伝えているだけです。
先週、これまで24年間、私に「差別のみにくさ」と「人のやさしさ」を教えてくださった(ハンセン病療養所)長島愛生園(岡山県)に暮らす91才のおじいさんにはがきを出しました。すると先日、返信がありました。美しい文字です。「先生のなげきがうれしいです」とありました。涙が出るほどうれしかったです。人はやっぱり、やさしいのだと思います。

このトンネルがどれだけ長いのか、誰にもわからないでしょう。でも、トンネルを出たその時の自分が、誰かのせいにする自分か、自分の弱い心に克つ自分かで、自ずと未来のありようが決まってくる、と私は考えます。いま、私は、ウイルスの問いに答える自分ではなく、自分に問いかけ、自分で考え、自分に克ち、自分で歩み出す自分でありたい、と思っています。

2020年5月8日(金)

生活・学習・進路に関して、生徒、保護者のみなさまの不安や悩みを少しでも解消していただけるよう、5月14日(木)~29日(金)までの平日に「学校開放」を行います。下記文書の内容をご確認いただき、生徒と相談の上、あくまでご家庭の判断における「自主登校」としてご利用ください。

2020年5月1日(金)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「4月16日より5月6日まで休校」としておりましたが、最近の国内および広島県や福山市(その近辺地域)の感染状況をふまえ、生徒と保護者のみなさまの命と健康を第一に考え、また、本校の社会的役割を果たし、地域を守るためにも休校措置を延長いたします。

詳細は下記PDFファイルをご確認ください。

生徒のみなさんへ 「弱い立場」にある人への「共感する力」をもとう

盈進中学高等学校 校長 延 和聰

「みなさんはすべて、かけがえのない盈進の生徒です。連休明けの、君たちの元気な声と笑顔を心待ちにしています。元気で!」。休校に入る前日の4月15日と次の週の「登校日」に、そう伝えました。「君たちの笑顔」にまた、会えなくなりました。とても悲しいです。
また、同じことを伝えます。みなさん、自分の命と健康を自分で守って下さい。それが盈進の先生方に共通するみなさんへの最大のお願いです。それが家族を守ること、大切な人を守ることにもなります。「命と健康さえ忘れなきゃ」、取り返しがつきます。不安だからこそ、あせらずに、そして、「自分も感染するかもしれない」という緊張感をもって、毎日を規則正しく過ごしてください。

人は人に出会い、人のやさしさやあたたかさを感じたり、人の苦しみや悲しみを自分のことのように感じたりできる。そうして、人と人がつながることに喜びを感じて幸せになる。人は、自分の幸せを人に伝え、また人と人とが出会い、手と手をとり合って、人のを大きくする。その「人と人とがつながっていく」力を、「共感する力」と呼ぶのだと、私は思います。

しかしいま……このウイルスは、人がつながる場所や空間に、人に宿ってひそみ、感染を拡大させています。だから、集まってはならないし、移動してもいけないし、触ってもならない。「うつさないで」という恐怖心がひろまり、人を遠ざけ、差別するという現象が起きています。このウイルスは、人とのつながりを分断し、「共感する力」や「人を信じる力」という、人がもつ根源的な力を、私たちから奪おうとしているんじゃないかと、私は感じています。

「人との接触を極力、減らしてください」。正しいことです。だけど…と私は考え込みます。半身不随の年老いた母(福岡在住)は、施設暮らしなので、介護員さんや看護師さんの直接の手助けがあるから、生きていられるのです。日常的に介護を受ける高齢者や障がいのある人、看病を要する患者さん、幼い子どもたちは、母と同じく、社会的に「弱い立場」にある人で、彼らは人との接触を避けることはできないのです。
これらの人々を受け入れている施設で、感染が広がる事例があり、利用者や職員などに対する差別や誹謗中傷が報道されていますが、私は、人として許せないと思っています。彼らは、「弱い立場」にある人たちの命を守るために日々、私たちに代わって働き、社会生活を保ってくれているのです。清掃業の方も、運送業の方も、飲食業の方も、理美容師の方もみんな…

死者の数も連日、目にし耳にします。単なる数字ではありません。その数だけ、そのご家族がいて、深い悲しみがあるのです。それは、少し先の、私たちのかけがえのない家族の悲しみかもしれないし、大切な仲間の悲しみかもしれないのです。

私たちは、こんなときこそ、人として、想像力を働かせ、「弱い立場」にある人に共感する力をもたなければならない、と私は思います。でなければ、私たち人は、このウイルスの恐怖に押しつぶされてしまうかもしれません。でも逆に、いま私たち人が、これまで以上に、他者に共感する力もてば、このウイルスの問題が落ち着いたときに、新しい形の人と人とのつながりを創造し、未来に希望をつなぐことができるのだろうと思います。

休校が長引きます。電話で、メールで、読書で、絵画で、音楽で、料理で、大切な人とのつながりを感じてください。普段では感じ得なかった、確かな人とのつながりを感じられたとき、私たち人は、「いま」を希望に変えることができる気がしています。
元気で!私たち盈進の教職員は力を合わせて、みなさんのサポートの準備を怠りませんから。

2020年4月24日(金)

最近の国内情勢と広島県内および福山市(その近辺地域)の感染拡大の状況をふまえ、本校の社会的役割を認識し、生徒と保護者のみなさまの命と健康を第一に考え、また、地域を守るためにも、来週予定していました「登校日」は中止いたします。

詳細は下記PDFファイルをご確認ください。

2020年4月15日(水)

本校はできうる限りの予防措置を講じて、新学期をスタートさせましたが、最近の国内情勢と広島県内および福山市(その近辺地域)の感染拡大の状況をふまえ、本校の社会的役割を認識し、生徒と保護者のみなさまの命と健康を第一に考え、また、地域を守るためにも、休校措置をとることとなりました。

詳細は下記PDFファイルをご確認ください。

2020年3月11日(水)

本日3月11日は、東日本大震災から9年の日。
本日予定されていた全校集会が、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。それに先立つ早朝の「思いを寄せる日/「被災者の方々を忘れない」呼びかけ運動」(2011年11月11日から続いている)も中止になりました。

午後2時46分。震災発生時刻です。これまで9年間、全校集会にて、全校生徒、教職員みんなで黙祷を捧げてきました。本日は、それぞれの場所にて、黙祷などの行為で、犠牲者を追悼し、被災者の方々、被災地に思いを寄せましょう。

全校集会で予定されていたプレゼンテーションのごく一部を通信にしました。OGの高橋和さん(2018年3月卒/立命館大学2年生)が構成してくれました。是非、ご家族と共に、お読みください。

Topics

TOP